センチュリーシティ西千葉|千葉市中央区の有料老人ホーム|長谷工グループ

資料請求はこちらから
体験入居受付中

1泊2日
お1人様 16,200円(税込)/1泊
1泊につき3食付き

※介護保険法のショートステイとは異なります。
※要支援、要介護の方は事前のお打合せが必要となります。

災害時も飲料水を供給する「ウェルアップ」システムを採用。

災害時も飲料水を供給する「ウェルアップ」システムを採用。有料老人ホーム「センチュリーシティ西千葉」では万が一の時の備えとして、老人ホームの入居者の方々や千葉の近隣の住民の方々のために、河川や井戸などから水を汲み上げ、原水の不純物を除去し、1日4800人分(約15トン)の飲料水として生成する「非常用飲料水システム〈WELL UP〉」を設置しています。動力源は電源プラグの他、発電器を搭載していますので、電力供給が途絶えても飲料水の供給には支障ありません。災害時のための備えの安心も、これからの住まいには必要不可欠な設備となることでしょう。

事業主体概要、施設概要、利用料、サービスの内容、介護を行う場所、医療への協力、入居状況など、職員体制、入居・退去など、介護サービス等一覧表に関する詳しい内容は、重要事項説明書(PDF)をご参照ください。

センチュリーシティ西千葉

千葉にある老人ホーム センチュリーシティ西千葉の専用ページです。
ロビーラウンジやダイニング多目的室などの共有スペースや、3方向から介助可能な個別浴室や車イスに座ったまま入浴できる特別浴室など充実した施設やサービスはそのままに、従来の有料老人ホームより入居費用を安く抑えて頂いております。
千葉県内屈指のターミナルである千葉駅へも電車で1分とアクセスも良く、四季を通じて様々な花が楽しめる千葉公園など、自然が豊かで暮らしやすい環境に有料老人ホームがあります。
千葉で老人ホーム・高齢者住宅・有料老人ホームへの入居をお考えなら、センチュリーシティ 西千葉へご連絡を頂ければと思います。

千葉の老人ホーム・高齢者住宅のセンチュリーシティでは日頃のサービスを充実させるだけではなく、様々なイベントを開催しております。有料老人ホーム内だけの活動ではなく、西千葉にある劇場の公演など千葉の地域性を活かした内容もあり、老人ホームの入居者様に楽しんで頂いております。

2017年7月29日

夏祭り 2部

さあ、お祭りも盛り上がってきました。
午後の部は、屋台を楽しんで頂きながら、スタッフ対抗の障害物競走を楽しんで頂きました。
粉にまみれたマシュマロを探していると・・・あら、あら大変!顔が真っ白!
美人が台無しです。スタッフが懸命にチャレンジすればするほど滑稽な姿にご入居者は、大笑い!
ご入居者、スタッフ全員集合で楽しい夏の思い出を作りました。

2017年7月29日

夏祭り 1部

夏真盛り!!
今日は、センチュリーシティ西千葉の夏祭りです。
「夏祭りだよ!全員集合!!」と題して午前の部、午後の部と1日を通してお祭りを楽しんで頂きました。
午前の部では、祭り囃子に合わせて「わっしょい!わっしょい!」の掛け声と共に
手作り神輿の登場です。ご入居者の皆様もご一緒に「わっしょい!わっしょい!」と大きな声で神輿を盛り上げて下さいました。
神輿の後は、浴衣姿のスタッフが「スカイツリー音頭」を披露。
連日の練習の成果があり、新しい踊りを皆様大変喜んで下さいました。

2017年6月28日

七夕装飾会

1年に1度七夕の日に逢う彦星と織姫
七夕にはロマンチックな話が合うようです。
笹に飾り付けをしながら、初恋の話や、ご主人様・奥様との出会いのエピソードを少し照れくさそうに、懐かしそうにお話くださる瞳は、キラキラと当時と変わらぬ輝きを見せて下さっています。

2017年6月21日

消防避難訓練

今回の消防避難訓練は、4階からの出火です。
5階にお住まいのご入居者は、火元の4階を通って避難しなければなりません。
非常ベルが鳴り、火元がわかるとすぐにスタッフが5階へ駆けつけ皆様の安全を見守りながら誘導いたします。集合場所に集まり、点呼。無事に全員避難できました。今日は、訓練ですが、非常時にも同じように動き、ご入居者皆様の安全を守っていきます。

2017年6月14日

消防隊コンサート

恒例となりました「消防隊コンサート」
消防隊のかっこいい制服姿と演奏を皆様とても楽しみにされています。
一糸乱れぬパフォーマンスは、いつ聴いても惚れ惚れします。
「今回もとても素敵だったわね♪次回もまた来たいわ」ともう次のコンサートを楽しみにされていらっしゃいました。

2017年6月2日

創立11周年記念パーティー

昨年創立10周年を迎え新たなスタートをきり、お蔭様で本日、創立11周年を迎えることができました。
最高齢100歳のご入居者から新入社員22歳のスタッフまで、大正・昭和・平成生まれの三世代が同じ時を共有しています。互いの世代のことを知り、こらからもご一緒に楽しい時間を過ごしていきたいとの思いから、今回のテーマは、
「世代をこえて〜これからもずっと〜」といたしました。
廊下に施された平成の象徴「スカイツリー」を見ながら「どこでもドア」をくぐって昭和・大正時代へとタイムスリップ気分を味わって頂きました。
昭和時代は、大阪万博の「太陽の塔」、大正時代は「東京駅」。各世代を代表する建物をスタッフ総出で手作りしました。
パーティー終了後は、お気に入りの建物の前で記念撮影♪
「全部気に入ったから、全部の前で記念撮影するわ!」と嬉しいお言葉を頂戴しました。
お互いの世代を知ろう!ということで、「世代クイズ」を行うと
「え〜!カルピスって大正時代からあるの?」スタッフの驚きの声に「そうよ〜知らなかったの?」とご入居者から・・・そんなやりとりに皆で大笑い。
スタッフ余興では、平成生まれのスタッフが「365日の紙飛行機」を♪
昭和生まれのスタッフが「明日があるさ」を振り付きで熱唱!!
「みなさんのダンスを見たら若さが蘇ってきたよ♪」
「今度は一緒に踊りましょう!」
と声を掛け合い、楽しい気持ちを共有致しました。
こらからの毎日も楽しくなりそうです♪

入居者・スタッフの声

スタッフの声

スタッフの声「センチュリーシティ西千葉」では、ご入居者の皆様が安心・快適さを感じ、楽しく笑顔でご生活頂けますようお一人お一人に合わせたサービスや日常生活全般にかかわるお手伝いをさせて頂いております。
日々皆様と関わらせて頂く中で、私たちスタッフのお声掛けに対し人生の大先輩である皆様のあたたかさ、優しさにふれ、皆様のお人柄、尊厳を尊重しお手伝いさせていただいていることに喜びを感じております。
ご入居者の皆様への目配り、気配り、心配りを忘れず、お一人お一人にとってセンチュリーシティ西千葉が「居心地の良い家」と感じ、笑顔でご生活頂けますよう努力して参りたいと思います。

ようこそ、我が家へ

有料老人ホーム「センチュリーシティ西千葉」は、住まいとしての華やぎと安心。
ゆとりが薫るライフステージです。

人生経験豊かで、本物を見極められる目を持つシニア世代の方々にこの千葉の地にふさわしい高齢者住宅の生活空間をめざしました。
気品が薫る空間の中、共用部は上質さとゆとりを追求。
温もりを感じさせる素材を随所に用いるなど、くつろぎが深まる有料老人ホームとしての“住空間”を千葉につくりあげました。

ご入居者がゆったりと快適にお過ごしいただくために、スタッフが心をこめて日々の生活をサポート致します。
ぜひ有料老人ホーム「センチュリーシティ西千葉」にお越し下さい。